便り

部屋に飾ってある私のデッサン。
書いてもらった日付を見たら九州の旅をしてから1年が過ぎていた。
柳川にあるアトリエ・パントール 田中画伯夫妻は元気かなぁ・・・
1度しか・・・しかも2〜3時間くらいだけの出逢いだったのに
デッサンを見ていると あの時間が懐かしくよみがえってくる。

いつもは電話だけれど、今回は近況報告を含め手紙を書いてみることに・・・

柳川 アトリエ パントール ポストカード1.JPG

はい、柳川のおじさんです。お手紙ありがとう。元気そうで良かった〜
こちらからも手紙だすからね。ありがとーぉ。
・・・と早速、留守電にメッセージ。

そして届いたのが手紙と一緒に贈られた新作のポストカードたち
カラフルな色使い & 私にも描ける?・・・と思えそうな感じの絵(すいません)。
もちろん実際に描けるはずはなく そこが私にはとても魅力的

柳川 アトリエ パントール ポストカード.JPG

絵のことは知識ゼロなので直に感じたことしか表現できないけど
田中夫妻の絵はやわらかくて優しい感じがあふれ出ている。

”文化(芸術)の友好な交流は いつも 感動と創造が起こるね”
・・・という田中画伯の言葉通りに こうやって何十年も生きてきた道が
絵に反映しているんだなぁ。 素敵だなぁ。

1つ1つの巡り会わせや感動を大事に重ねて
私の軌跡を広げていこう・・・と思えた日でした。


Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜

 

旅の足跡 〜沖縄〜

宿選びは旅の楽しみをプラスにする大切なポイント。
私は考えすぎてしまうと なかなか決まらない・・・

自由な旅をする時は直感で決めてしまうのが楽しい。
”ワクワクっ”・・・と感じたら即決です

沖縄 養生や シーサー.jpg   沖縄 養生や かんばん.jpg 

・・・ということで ”養生や”を選びました


沖縄 養生や 外観.jpg  

まさに養生できそうな たたずまい。
庭にはハーブやバナナが育てられていました

沖縄 養生や ブレンドティー.jpg

元オーナーの”とっしぃさん”作 オリジナルブレンドティ。
移動の疲れが癒された

沖縄 養生や 蚊帳.jpg

窓を全開にしていたら すごい蚊
蚊帳を張って しばしの昼寝・・・

沖縄 養生や 部屋から.jpg

部屋の窓から見えるパパイヤの木。
和え物にしたり、炒めたりしても美味しいんですよね。
南国にいる気分が高まります

沖縄 養生や 五右衛門風呂.jpg  

初体験の”五右衛門風呂”

沖縄 養生や 玄関.jpg

養生やは沖縄の昔ながらの木造平屋民家で
床に座っていると落ち着き 小さい頃によく行った
祖父母の家の心地よさと かぶってきてしまうのでした。
流れている空気感が同じなんだなぁ、きっと。

沖縄 養生や こんこんべえ.jpg

玄関に飾ってある置物たち。
手作りシーサー、貝殻・・・私は上段右にある
”こんこんべ”に一目惚れ
とっしぃさんの友人作品。これは試作だそう。
(沖縄国際通りのお土産屋さんに売っています♪)

沖縄 養生や ごはん.jpg

養生やのご飯は心を込めて丁寧に作られます。

沖縄 養生や とっしーと.jpg   沖縄 養生や 晴天.jpg
(とっしぃさんと@離れの宿泊小屋)  
 
1泊しかできなかったので じっくりと過ごせなかったのが残念。。。
時間に追われ便利さに慣れて毎日を過ごしているけれども 
気持ちを安らげる時間を持てることは大事だな・・・と思えた沖縄の旅

沖縄 シーサー2.jpg

旅は先を急ぎすぎてしまうと その時しか楽しめない風景や
出逢いを見落としてしまいがち・・・それを とっしぃさんは
伝えてくれたかも。

直感で決めた宿”養生や”・・・私には当たり宿でした 。


HP更新しました
旅の足跡 〜沖縄〜

旅の足跡 〜屋久島〜

最初に屋久島へ行った時に出逢った友人たち。
九州人のM ・ 名古屋人のK ・ 横浜人のT。

屋久島・とまり木で出逢い、屋久島を楽しんだ仲間。
彼らと会わなかったら 屋久島の山を縦走するなんて行動はできなかった。



初めの い〜っぽ! で始まり、
木や緑の香りに包まれてしまうと、汗や疲れもなんとなく
どこかへ飛んでいってしまう気分だった。
澄んだ河に感動して、満月の美しさに感動し
山小屋で食事をして、ロウソクつけて寝袋に入って
みんなで揺れる炎を見ながらボーっとした時間



朝の山の匂いはとても新鮮で身体が再生された気分。
宮之浦岳へ登頂した時は気もち良すぎて
大声で叫びたくなった感情を思い出すなぁ・・・もちろん叫んだ私



山の中腹に停めていた車にバックパックを詰め込んで
”さぁ帰ってお風呂だぁ〜!ご飯だぁ〜!”・・・
と疲れのせいか皆少しハイテンション。

車に乗り込み どうやってもエンジンかからず一気に撃沈・・・
 
誰も車で通る気配なしで携帯電波もつながらず
公衆電話求めて歩いた時間。
真っ暗になった夜にレンタカー会社の人が助けにきてくれたっけ。
車から発された2本の光が見えた時の安心感・・・忘れられない。

  

縦走の後も夜中に海中温泉 入りにいったり、日の出見に行ったり、
旅を終えて帰っていく友を港まで見送りに行ったり、
夜は とまり木の外ベンチでおしゃべりタイム。

そんな充実した時間を一緒に過ごしたこともあり、性格はみんな違うけれど
8年が経った今でも仲が続いている。 

でもこの時の旅から4人が揃って会ったことは一度もない・・・。

そして今週・・・

名古屋人K が結婚することになり皆が結婚式に出席できることに
しかも 屋久島から とまり木・姉さんも出席です
結婚式前日は前夜祭?!・・・皆で実家へお泊り&食事会。
遠くから集まってくる友達に対する思いやりに感謝です。

旅は皆が知り合う ほんの小さなきっかけだったのに
それぞれが抱える色々な思いが重なってきて
ここまでつながってこれたこと・・・嬉しいなぁ


Chika's photography 旅の足跡 〜屋久島〜
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜