夏旅 〜黒部峡谷・トロッコ列車〜


二日目は
今回の夏旅の2番目の目的地へ行くために
室堂から立山駅へ下山〜

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

立山駅にて記念撮影
立山登頂記念にゲットしたTシャツ
みんなでお揃い

さぁ、出発〜

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

目指すは”宇奈月”
そう!
念願の黒部峡谷&トロッコ電車の旅

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

広大な田園風景
・・・空が怪しげだけど
気にしない、気にしない

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

この辺りの信号はライトが横並びではなく
縦に上から”赤・黄・青”と並んでいる

それは何故でしょう

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

答えは
雪が積もりにくいように縦になっているでした
なるほど〜

・・・この電線の数だと
積もった雪が上から落ちてくるのが
怖いと思うのだけど・・・どうなのでしょう?



宇奈月駅到着〜
駅にいたカメラマンに
ベストスポットへ誘導され
お約束ポーズ

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

欅平駅までの約80分
黒部峡谷トロッコ電車の旅スタート

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

楽しみは何と言っても車窓からの景色!
もちろん私たちは窓がない普通列車を予約

雨が降ったら最悪だねぇ〜と心配していたけど
今回は余計な心配だったみたい。
見事に晴れてくれました

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

ほどよい揺れと電車の音が心地いい
目の前に次々と現れる絶景にうっとり〜

車両を吹き抜けていく爽やかな風が気持ちいい

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

さる発見!

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

峡谷の絶景に感動している間に目的地に到着

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

山を満喫する旅なのに
そのまま宇奈月へ戻るのはもったいない!
本日の宿泊はこの欅平にある”名剣温泉旅館”
秘湯です

 黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

森林浴しながら・・・なんて思っていたら
いきなり岩に覆われた道が現れた
この名は”人喰岩”
確かに飲み込まれてしまいそう・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

”人喰岩”の入口には
「あぶないんだぞーっ!」の看板がお出迎え

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

自然の力で起こる落石を
防ぐことはできませんということで
怖いと思ったらここで引き返してくださいとの警告
そして
先を行く人達へ ヘルメットの貸し出しが。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

ビビりん坊3人組はもちろんここから
ヘルメットを取り出し先へ進んだのでした。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

美しい山景色を見ながら・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

暗〜いトンネルを抜けて・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

目の前に光る出口に向かって直進!

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

なんだか逞しい後ろ姿だなぁ・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

眩しい夏山の景色

宿に到着〜
通してもらった部屋の窓からは
オール森林ビュー

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

素敵な洗面所

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

窓を開ければ祖母谷(ばばだに)川の水流の心地よい音

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

冷蔵庫には冷やされた名水が
ボトル入っていて
いつでも飲めるようになっていたり・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

さりげなく置かれている山の植物があったり・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

心が躍ってしまう おもてなしの連続

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

そして食事は山菜・お肉・魚etc・・・
お腹いっぱいのフルコース
”幸せ〜”の一言

秘湯だけあって
温泉は特に露店風呂は格別!
たくさん入って登山疲れを癒し
お肌もスベスベ

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

普通の山荘だと思っていたけど
思っていた以上に素敵な旅館でした。

翌日も嬉しい晴れ
青い空に真っ白な雲。
本当に気持ちのいい夏景色。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

猿飛峡(さるとびきょう)遊歩道を
のんびりとお散歩

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

歩いてしか行けない秘境。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

殻から出て来たばかりのようで
ツクツクボウシの羽が
とても柔らかそうな感じ。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

黒部川の本流で最も川幅が狭くて
この川を昔 猿が飛び越えたことから
”猿飛峡”と名がついたそう。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

迫力満点の景観!

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

夏の太陽はただ強い光で
暑さを倍増させるだけでなく
川の水面をキラキラと綺麗に輝かせ・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

木の葉に光を通して
葉の美しさを際立たせたりして
夏景色を演出しているのでした

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

鐘釣(かねつり)の河原では
湧きあがってくるお湯で足湯〜

猿飛峡 黒部峡谷
(親子に見えない雰囲気なんですけど・・・)

大自然を満喫できました!

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

帰りのトロッコ電車は
復路のせいもあり
リラックス感が増したのか多くの人が
心地よい眠りについていました

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

私は眠りに落ちることなく
最後までこの壮観な眺めを楽しみました〜

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

エメラルドグリーン色のダム湖

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

二日間
色々と写真を撮ってみたけれども
この広大な景観を写真で残すのは
難しくて、難しくて・・・

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

・・・大自然の素晴らしさは
”体感”しないとわからないのでは・・・と
感じたのでした。

黒部峡谷 トロッコ鉄道 宇奈月 名剣温泉 欅平 鐘釣温泉

そして この大自然の素晴らしさを
仲間と一緒に体感できたことが
旅の楽しさを何倍にもしてくれたのでした

旅の締めは前回と同様に
”きときと寿司”にて日本海の海の幸を堪能



ちょっぴり男前になったS吾と記念写真

大満足の夏旅でした〜

Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜



いろいろなことが
すこしづつ よくなりますように・・・

夏旅機措柴押ν沙嚇伉此

一昨年に行った
富山・アルペンルートの旅が
良すぎてしまい今年も
行ってきちゃいました

前回は雨で
アルペンルートを満喫することができなかった・・・

そう!
今回はリベンジの気持ちで再び立山へ

元気に室堂へ着いたものの
またまた霧に包まれてしまいました

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

前回一緒に旅をしたKozは
ベビー誕生で参加できず
今回はKuroとKuroの息子S吾と
私の3名というメンバー。

前回は普段着で登場したS吾だったけど
ちゃんと学習したようで
バッチリと登山スタイルで登場したのでした

さぁ!
立山頂上”雄山”目指してスタート

 立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

てっぺん目指してGo!Go!Gooooo〜!

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

2450m地点からスタートし3003mの頂上へ
歩道が整備されているので
まだまだ余裕の歩き〜
ルン・ルン・ル〜ン

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

登山の安全を見守ってくれている
社が道中に数か所あった。
・・・これって
・・・もしかして
そんなに楽な道のりではないって意味かなぁ

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

楽ではないかもなぁ・・・
目指しているのはこのてっぺん
本当に2時間くらいで山頂へつくのかしら・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

ちょっぴり不安モードになりながらも
山の涼しさ、新鮮な空気に包みこまれていたら
身体からエネルギーが沸々と湧いてきて
ちょっとずつテンションアップ!

祓い堂から道が険しくなってきて
おまけに風がビュンビュン吹いてきた
意外とハードな登山道
自然はそんなに甘くはないのでした・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 一の越山荘

冷えてきてお腹も空いてきちゃったので休憩タイム
山小屋がこんなに温かく感じるとは・・・
身体だけでなく心も温めてくれるのでした

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 一の越山荘

私はカップラーメンに
普段は全く魅力を感じないのに
この時はカップラーメン欲が出てしまい・・・
最高に美味しい一品でございました

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂


見上げれば・・・
なんともすごい岩場の急坂!
しかも目指すてっぺんは
かすんで見えない〜

ひたすら前へ・・・
というよりも上へ上へ



けっこう登ってきた〜
雄大な景色。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

気持ちがいい〜
岩場になってから私は
もっと元気が出てしまいハイ状態

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

Kuroはこの場で
自分はどうやら高い所が
苦手だと気づいたらしい・・・
「下を見ると足がガクガクするよぉ〜」

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

だんだん岩場が険しくなっていくし
雨が強風と共にあたってくるし
ちょっとビビった私たち。

一歩一歩慎重に。
岩を掴む手にも必要以上に力が入る。
軍手が必要だった・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

が・・・み〜え〜た〜ぁ!
その上には神社が鎮座されている。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

アメニモ マケズ
カゼニモ マケズ・・・
やったぜ!登頂〜!3003m!
この達成感!
最高に気持ちがよかった!!
ハマりそう!!!
心がとっても軽くなってる感じ!!!!

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂
(神様にお尻を向けてしまいました・・・
ごめんなさい・・・)

この日は強風だったため
お祓いはこの場でできず・・・
社務所にて3人で清めてもらいました。

なんと立山は富士山・白山とともに
日本三大霊山として称されているのでした
パワーアップするわけだ

帰りは時間が遅くなってしまった為一気に下山。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 

下山時はずっと霧・霧・霧の中だったので
Kuroは高所を恐れることなく
無事に下山できたのでした
よかった よかった

宿に到着〜
ごはんに お風呂が登山の疲れを癒してくれる。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

濡れたバックパックやジャケットを乾かして
布団を敷いて皆でゴロゴロしていたら・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂





まさかの10時間睡眠!
うっそぉ〜
朝まで大爆睡してしまったのでした。

続く・・・

Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜



こころ穏やかに
毎日を過ごせますように・・・

ラッキー続き

紅茶のお店「LUPICIA」
"100店舗開店記念宿泊券プレゼント"に当選!
ラッキー

高級旅館・高級ホテル予約の「らくだ倶楽部」
利用券5万円をゲットして
箱根へ行ってきちゃいました

箱根 仙石原 すすき

天気は・・・ピーカン晴れ
出かけに晴れが当たる確立が低い私には
こんな天気 メチャクチャにラッキー

仙石原のすすきは太陽の光を
たっぷり浴びて キラキラとまぶしいくらいに
輝いていました

箱根 仙石原 すすき

ずっと、ずっと見てみたかった景色を
ついに見れちゃった・・・

この日の この時間帯にしか見れない景色。
ラッキー

キラキラ輝く すすきの絨毯
・・・とても綺麗だった〜

箱根 仙石原 すすき

続いて・・・
こちらも ずっと ずっと登ってみたかった
"駒ケ岳"

「何にもないよ・・・」と言われ続けても
それでも 行きたい!と思っていた場所。

箱根 駒ケ岳ロープウェー

ロープウェイに揺られながら空中散歩〜

箱根 駒ケ岳ロープウェー

途中 富士山が見えてきた
久々に見る大好きな富士山に大感激の私。
ラッキー!ラッキー!

駒ケ岳ロープウェーの中からの富士山

山頂に到着してみると・・・
展望台、箱根元宮神社、他には・・・
うん、確かに何もない。

でも私にとっては この何もなさが
まさに期待していた風景
これでいいのでした!

すっきりとする
綺麗な空に 雲の演出

箱根 駒ケ岳

山頂から見下ろした展望も綺麗すぎた!
ものすごい大パノラマの世界!
大満足の展望。

駒ケ岳からの芦ノ湖

ロープウェイから見えた富士山を探してみると・・・

やっぱりすごい存在感&迫力の富士山。
ほらっ

駒ケ岳からの富士山 駒ケ岳からの富士山 

頂上に雪がない富士山を こんなに近くで
こんなに はっきりと見たのは 初めて。
見れば見るほどに生命力を感じた時間。

駒ケ岳からの富士山

この日の この時間帯にしか見れない景色。
カメラを持っていると その瞬間・瞬間を
常に意識することができてしまう

ステキな温泉旅館&美しい景色の連続。
たくさんのラッキーを もらえて
幸せでした〜

Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜