夏旅機措柴押ν沙嚇伉此

一昨年に行った
富山・アルペンルートの旅が
良すぎてしまい今年も
行ってきちゃいました

前回は雨で
アルペンルートを満喫することができなかった・・・

そう!
今回はリベンジの気持ちで再び立山へ

元気に室堂へ着いたものの
またまた霧に包まれてしまいました

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

前回一緒に旅をしたKozは
ベビー誕生で参加できず
今回はKuroとKuroの息子S吾と
私の3名というメンバー。

前回は普段着で登場したS吾だったけど
ちゃんと学習したようで
バッチリと登山スタイルで登場したのでした

さぁ!
立山頂上”雄山”目指してスタート

 立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

てっぺん目指してGo!Go!Gooooo〜!

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

2450m地点からスタートし3003mの頂上へ
歩道が整備されているので
まだまだ余裕の歩き〜
ルン・ルン・ル〜ン

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

登山の安全を見守ってくれている
社が道中に数か所あった。
・・・これって
・・・もしかして
そんなに楽な道のりではないって意味かなぁ

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

楽ではないかもなぁ・・・
目指しているのはこのてっぺん
本当に2時間くらいで山頂へつくのかしら・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

ちょっぴり不安モードになりながらも
山の涼しさ、新鮮な空気に包みこまれていたら
身体からエネルギーが沸々と湧いてきて
ちょっとずつテンションアップ!

祓い堂から道が険しくなってきて
おまけに風がビュンビュン吹いてきた
意外とハードな登山道
自然はそんなに甘くはないのでした・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 一の越山荘

冷えてきてお腹も空いてきちゃったので休憩タイム
山小屋がこんなに温かく感じるとは・・・
身体だけでなく心も温めてくれるのでした

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 一の越山荘

私はカップラーメンに
普段は全く魅力を感じないのに
この時はカップラーメン欲が出てしまい・・・
最高に美味しい一品でございました

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂


見上げれば・・・
なんともすごい岩場の急坂!
しかも目指すてっぺんは
かすんで見えない〜

ひたすら前へ・・・
というよりも上へ上へ



けっこう登ってきた〜
雄大な景色。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

気持ちがいい〜
岩場になってから私は
もっと元気が出てしまいハイ状態

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

Kuroはこの場で
自分はどうやら高い所が
苦手だと気づいたらしい・・・
「下を見ると足がガクガクするよぉ〜」

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

だんだん岩場が険しくなっていくし
雨が強風と共にあたってくるし
ちょっとビビった私たち。

一歩一歩慎重に。
岩を掴む手にも必要以上に力が入る。
軍手が必要だった・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

が・・・み〜え〜た〜ぁ!
その上には神社が鎮座されている。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

アメニモ マケズ
カゼニモ マケズ・・・
やったぜ!登頂〜!3003m!
この達成感!
最高に気持ちがよかった!!
ハマりそう!!!
心がとっても軽くなってる感じ!!!!

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂
(神様にお尻を向けてしまいました・・・
ごめんなさい・・・)

この日は強風だったため
お祓いはこの場でできず・・・
社務所にて3人で清めてもらいました。

なんと立山は富士山・白山とともに
日本三大霊山として称されているのでした
パワーアップするわけだ

帰りは時間が遅くなってしまった為一気に下山。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂 

下山時はずっと霧・霧・霧の中だったので
Kuroは高所を恐れることなく
無事に下山できたのでした
よかった よかった

宿に到着〜
ごはんに お風呂が登山の疲れを癒してくれる。

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂

濡れたバックパックやジャケットを乾かして
布団を敷いて皆でゴロゴロしていたら・・・

立山黒部アルペンルート 室堂 雄山登頂





まさかの10時間睡眠!
うっそぉ〜
朝まで大爆睡してしまったのでした。

続く・・・

Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜



こころ穏やかに
毎日を過ごせますように・・・