旅の足跡 〜富山・立山黒部アルペンルート機

富山の旅・・・海の次は”山”へ

あさ5時半の影は超脚長〜
休みの早起きがとっても気持ちがいいのは何故でしょう・・・。
リラックスしている分 新鮮な空気が身体に浸透しやすいのかな?



いよいよ 黒部立山アルペンルートの旅 スタート〜
・・・とその前に 立山駅でKuroの息子S吾と合流するため3人でお迎えに。

立山駅

今年から富山大の学生となったS吾。
今回の旅の目的は離れて暮らすKuroとS吾の再会もプランの1つ。 
子供が成長してしまうと親子で旅をする機会はなかなか持てないから。 
・・・なんて言いながらも
S吾との再会に興奮しているのは
おまけ二人のおばちゃん達(私&Koz)でした

では 不思議なメンバーでの旅のはじまり〜

立山ケーブルカー  

まずは立山ケーブルカーで美女平まであがっていく。
大きすぎてケーブルカー内に入れられないバックパックは荷台へ。
下から見ていた山景色を
上から少しずつ俯瞰していく この眺めが良かった〜 
美女平の標高は977m。

続いて美女平から弥陀ヶ原までは高原バスに乗りかえ。
途中 穏やか顔のお地蔵様。
”行ってらっしゃい。気をつけて。”
”無事にお帰りなさい。”
・・・通り過ぎる人にそう話しかけているように見えた。

弥陀ヶ原

標高1,930mの弥陀ヶ原。
午後からは天気が悪くなるよ・・・と言われ晴れているうちに
立山カルデラが一望できる展望台へ・・・

弥陀ヶ原展望台からの風景

目の前に広がるカルデラ。
目に沁みこむような緑の色。 ただただ綺麗。

弥陀ヶ原 立山カルデラ展望台

立山カルデラをバックに記念撮影

高原バス 霧

あっという間に霧に囲まれた・・・
バスの窓からは 楽しみにしていた緑の山々は全く見れず・・・

室堂

室堂に到着 標高2,450m。

予報の通りに雨
雨と共に移動をしている気分。

みくりが池も雨のせいか気持ちグレーに見えてくる。



足元が雨で滑りやすくなり 散策コースでも
穏やかな気分で歩くことができないため そのまま宿へ。

昼寝して(←雨だから・・・
温泉に入って
晩御飯を食べたら 日が沈んでいた。。。

夜の雷鳥荘前からの景色

室堂のマジックアワー。

室堂より下界

下界の街明かりがやわらかく見えて いい感じ。

そして夜
残念ながら満天の星空を見ることができなかったので







トランプターイム
10年以上ぶりにやる”大貧民”に懐かしさのあまり大盛り上がり。
楽しすぎた〜

後半に続く

Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜