便り

部屋に飾ってある私のデッサン。
書いてもらった日付を見たら九州の旅をしてから1年が過ぎていた。
柳川にあるアトリエ・パントール 田中画伯夫妻は元気かなぁ・・・
1度しか・・・しかも2〜3時間くらいだけの出逢いだったのに
デッサンを見ていると あの時間が懐かしくよみがえってくる。

いつもは電話だけれど、今回は近況報告を含め手紙を書いてみることに・・・

柳川 アトリエ パントール ポストカード1.JPG

はい、柳川のおじさんです。お手紙ありがとう。元気そうで良かった〜
こちらからも手紙だすからね。ありがとーぉ。
・・・と早速、留守電にメッセージ。

そして届いたのが手紙と一緒に贈られた新作のポストカードたち
カラフルな色使い & 私にも描ける?・・・と思えそうな感じの絵(すいません)。
もちろん実際に描けるはずはなく そこが私にはとても魅力的

柳川 アトリエ パントール ポストカード.JPG

絵のことは知識ゼロなので直に感じたことしか表現できないけど
田中夫妻の絵はやわらかくて優しい感じがあふれ出ている。

”文化(芸術)の友好な交流は いつも 感動と創造が起こるね”
・・・という田中画伯の言葉通りに こうやって何十年も生きてきた道が
絵に反映しているんだなぁ。 素敵だなぁ。

1つ1つの巡り会わせや感動を大事に重ねて
私の軌跡を広げていこう・・・と思えた日でした。


Chika's photography
こころのままに 〜感動の瞬間を永遠に〜